プリン状石けん

投稿者 koshirohata 日時 2016年2月11日

2016.2.11

 

 

 

もう、すっかり生活に馴染んだ『プリン状石けん』。
使ってる方も多いでしょうが…

まだ知らないあなた!

使って損はさせませんよ。

 

なんて、営業マンみたいだな。

 

とにかく、油系の汚れにものすごい威力を発揮するのである。

なのに、手荒れがしない。
界面活性剤が入ってないので、環境にいい。

しかも簡単に作れて安い。

 

 

 

02.jpg

 

 

粉石鹸(50グラム)に、お湯(50度〜60度、500cc)を混ぜるだけ。

3時間ほど置けば出来上がり。

 

 

01.jpg

 

 

うちは、すぐに作れるように。無印の容器に粉石鹸入れてキッチンに置いてます。

 

 

03.jpg

 

 

ジップロックの容器で作るとちょうどいいサイズ。

 

 

04.jpg

 

 

↑二層になるので、うちの場合は、時々ませる。

やんなくても出来ますが、きれいに混ざってきもちいい。

ゆるゆるのが好きな人は、固めの上の部分と、やわらかい下の部分を使い分けるらしい。

 

 

05.jpg

 

 

キッチンから、お風呂場、洗面所、靴洗い、部分洗いの洗濯など、なんでも使う。
ガラスはくもりがとれ、プラスチック製品は隅々までピカピカ。

お試しあれ。

 

 

 

 

 

 


2016. 2月

 

 

 

hyoushi600.jpg

嫁さんが翻訳した絵本。
去年、同じレベッカ・コップの作品「おかあさんどこいったの」を翻訳したんだけど、今回は2作目の翻訳。

 

今回は、あそびに夢中になって、お昼ご飯を「いらなーい!」と思ってしまう女の子。

子どもには子どもの事情があって、タイミングが悪いとごはんの時間も楽しい時間にならないのだ。

そんなとき、さっき女の子が描いたクマやオオカミやワニたちがやってきて…!

 

03600.jpg

 

レッベッカ・コッブの稚拙で、キュートな絵がたまらない!

前回の「おかあさんどこいったの?」は、重いテーマでしたが、今回は明るく楽しい絵本になっていて、かわいさが炸裂してる。

 

01600.jpg

 

04600.jpg

 

とにかく、女の子がとってもチャーミング。

05600.jpg

 

 

ぜひ見て読んでください。→こちらへ

 

 

 

 

 


走る粘土モンスター

投稿者 admin 日時 2016年1月31日

2016.1.30

 

 

昨日、1月30日は東京新聞社に行って20組の親子とワークショプをしてきた。
詳しくは、2月13日の東京新聞に掲載されるそう。
ブログでも、掲載後にアップする予定。

 

 

ehonwa-ku.jpg

 

 

さてさて、その翌日の31日、

息子の友達が2人来た。
「あ、そうだカラー粘土買ってたな」と思い出したので

久しぶりに子どもらと粘土遊びをすることに。

 

soumapart4.jpgsoumapart3.jpgsoumapart2.jpgsoumapart1.jpg

 

さて、息子が作ってるこいうものが、いったい、なにになるのか?

 

souma3s.jpg

 

 

おーっ、こういうことかぁ

 

 

souma2s.jpg

 

さらにN君は

 

nakata3s.jpg

 

なんだなんだ?と思ってる間に、また手をくわえて進化する

 

nakata2s.jpg

 

おー、やっと完成です。

 

nakata1s.jpg

 

そして気づいただろうか?
実は、チョロQをベースにしてるので

走るのであーる!

 

お次は、あっ君。

星が二つと火山の噴火を表してるのだそうだ↓

地質学的作品。

 

akkun1s.jpg

 

これもほれ、走ります。↓

 

akkun3s.jpgakkun2s.jpg

 

うまく出来て、ご満悦のあっくん。

 

そして僕も参加したが…↓子どもの発想には負ける。

 

titi1s.jpg

 

これは製作前のスケッチ。↓どれがどうなったかわかる?

 

sketchi2s.jpg

 

sketchi1s.jpg

 


sketchi3.jpg

 

いろいろ集めると、こんな図になる。↓

 

zenbu.jpg

 

 

 


ちばてつや先生のサイン!

投稿者 admin 日時 2016年1月27日

2016.1.27

 

 

子どもの頃から大好きだった「ちばてつや先生」のサインをもらえた。

 

tiba6001.jpg

 

 

「ちかいの魔球」から「ハリスの風」「おれは鉄兵」と夢中になって読んだ。
以前ブログでも書いたが、この歳になって「のたり松太郎」全巻を買い、
「おれは鉄兵」を三度目の全巻買い直しをしたほどのファン。

まさかサインが手に入るとは思っても見なかった。

 


tiba6002.jpg

 

 

実は、一緒に絵本「ふゆのむしとり!?」や「いそあそびしようよ!」を作った奥山英治さんが

子どものころから「ちばプロ」に出入りする仲なんだそうで、たのんだのだ。

 

いや〜、なんてことだ。うれしいな。

 

 

 

 

 

 


2016年あけましておめでとうございます。

投稿者 koshirohata 日時 2016年1月1日

2016.1.1

 

 

あけましておめでとうございます。

今年が、よい年でありますように。

 

001b.jpg

 

今年も、ぼけの花を飾る。花がたくさんついていてきれい。

 

002b.jpg

 

初日の出。自宅二階から。

 

003b.jpg

 

玄関の盛り塩は今年から息子に作ってもらうことに…

 

004b.jpg

 

魔除けの盛り塩に、なんと階段と道が!なんか遺跡みたいやないかい!

 

005b.jpg

 

007b.jpg

 

006b.jpg

 

 今年もよろしくお願いします。

 

 

 


きつねの帽子

投稿者 koshirohata 日時 2015年12月27日

2015.12.27

 

 

 

ある日、帰って来たら、きつねが帽子をかぶっていた。
面白かったので、おきにいりの帽子をいろいろ被らせてみた。
それだけ。

 

 

001s.jpg

 

 

002s.jpg

 

 

003s.jpg

 

 

004s.jpg

 

 

005s.jpg

 

 

006s.jpg

 

 

007s.jpg

 

 

 

 

 

 


氷のさくひん2

投稿者 koshirohata 日時 2015年12月17日

2015.12.17

 

 

 

息子が作る氷の作品がまたできた。

お餅みたいにふくらんでる不思議な氷。

 

05.jpg

 

これは完全にお餅状態。↓

 

04.jpg

 

 

ピンクの膜が内側に。↓

 

03.jpg

 

タマゴというか靴というか。

 

01.jpg

 

作成中。ペリペリ剥がす。

 

08.jpg

 

 

07.jpg

 

どこをどう撮っているのか。

 

06.jpg

 

息子がこれをやりだすと、冷凍庫がいっぱいになるのが問題。

 

 

 


『吹き駒』ブーム到来

投稿者 koshirohata 日時 2015年12月15日

2015.12.15

 

 

 

吹き駒をご存知だろうか。

紙やプラスチックの板を切って作る駒で、上から息を吹きかけて回す。
今、息子とその級友4名の間で大きなブームとなっている。

 

これがそれ↓

 

04.jpg

 

そのほか、こういうのや

 

01.jpg

 

こういうのや、

 

02.jpg

 

こんなにもバラエティーが。

 

05.jpg

 

そして、この駒の最大の特徴が『飛ぶ』ことにある。

 

09.jpg

 

よく飛ぶと60センチほど上がる。
息子たちは、これを使ってコースを走らせたり、落としあいをしたりと
自分たちで競技をつくりだして遊んでいる。

これ、なかなか面白くて、僕も7、8機作った。
奥が深く、大人でもコントロールが効いて良く飛ぶ駒は早々作れないのだ。
今のところ素材は、豆腐のパックが一番良い。
次に惣菜を買ったときの透明の蓋。
クリアファイルはまぁまぁだが、

息子の友人の舞ちゃんは、すべてクリアファイルで優秀な機種を多数産出しているから、

善し悪しは、はっきりしない。


ただ吹き方に熟練が必要で、僕など彼らに遠くおよばない。

 

 

 

 

 

 

 


「第九」を初めて生で聴いて感動。

投稿者 koshirohata 日時 2015年12月15日

2015.12.14

 

 

 

 

実は、今回の関西旅は絵本の取材で「第九」を聴きに行くのがメイン。
すばらしいホールですばらしい指揮のもと、迫力の演奏と合唱をきいて感動した。

いや、本当にすごかった。

しかも席は、かなり前のど真ん中という最高の場所。夢のような時間だった。
良い絵本作らなきゃ!と、思う。

 

 

01.jpg

 

開始前のホールの様子。
本格的なクラシックコンサートに特化したホール。かっこいい!
でも、このあと「すみません!写真禁止です!」と厳重注意を受ける。

 

02.jpg

 

コンサートあとの客席を舞台袖から。↑

 

03.jpg

 

バックステージの壁には、たくさんのサインがあった。
こういうのするんだなー。↓ライブハウスと同じだ。

 

04.jpg

 

お、藤井フミヤくんのサインだ。↓

 

05.jpg

 

 

のだめカンタービレの茂木大輔のサインも。↓

 

06.jpg

 

さらに、キーシンのサインを発見!しかもカタカナでキーシンとある。

07.jpg

 

 

 

 

 

 

 


カレンダー展に「空色画房」へ

投稿者 koshirohata 日時 2015年12月14日

2015.12.14

 

 

大阪のギャラリー『空色画房』さんに行ってきた。

言わずと知れた長谷川義史さんとあおきひろえさんご夫妻がやってるギャラリー。
すごく素敵なロケーションと素敵な建物。

 

01.jpg

 

 

中之島が大川をへだてて正面にどーんと見える。
ここでは大川がセーヌ川に見えるから不思議だ。

 

 

06.jpg

 

 

 

02.jpg

 

そして、水戸さんが刷り上がった増刷分のカレンダーをもって来たので、

袋入れ作業を。ボクもちょいとお手伝い。

そのあとは、あおきひろえさんが犬の散歩に行くというので、
もしや、「おおー、リアルチャイか!」と、一緒についていく。↓

 

03.jpg

 

「おーい」
川の遊歩道から見たギャラリーの窓。↓

 

04.jpg

 

このあと、長谷川さんはいないのだけど、あおきさんが長谷川さんのアトリエを案内して下さった。
ラッキー!すごーく素敵なアトリエによだれがでた。

 

05.jpg

 

夜は夜景が川面に映ってキレイ。

 

とってもいいギャラリーでした。展示されてる作品もたくさんあって楽しめる。

降矢ななさんの作品がカッチョイイ。
思ったより作品が残ってるので、欲しい方はどうぞ。
ボクの絵と嫁さんの絵は破格で出してるぞ。

 

18日はイベントがあってたくさんの作家が集まります。ボクと嫁さんは行けませんが、長谷川さん夫妻や市井みかさん、スズキコージさんもこられるそう。
ああ、行きたかった。

 

 

 


みつ子絵日記 週めくりカレンダー

投稿者 admin 日時 2015年11月22日

2015.11.22

 

 

山田みつ子さんが「週めくりカレンダー」を、今年も送って下さった。

さっそく、中を見て「ふふふ…」と笑顔になる。

 

01.jpg

 

 

02.jpg

 

 

03.jpg

 

 

04.jpg

 

でも、もったいないから、途中でやめて来年から順番に週めくりをたのしもう。

 

 カレンダーはHPで買えるところを掲示してるので、欲しい方はここへ。↓

http://mitsuko-enikki.net/category/oshirase/

 

そして、封筒にはこんなかわいいカードも。

展覧会のカードでした。

 

06.jpg

 

山口県の「ロバの本屋」いっぺん行ってみたなぁって思っていたお店。

ちょっと遠いなぁ。いつか行きたい。

 

07.jpg

 

 

 

 


2015.11.6

 

 

原発事故でつらい思いをしている子どもたちを支援するチャリティーのカレンダーに参加。
収益は「子ども脱被ばく裁判を支える会」に送られる。
2016年は、カレンダーを使って子どもたちを支えようではないですか。

 

で、まだ出来てないけれど、とりあえず僕の絵をアップ。カレンダーでは5月に載る予定。

こんな感じです。

 

MANI600.jpg

 

雨上がり、子どもがナミテントウと遊ぶシーン。

 

 

下の2点は、12月にある「カレンダー原画展」に展示販売する作品。

ナナホシテントウとキイイロテントウ

 

nanahosi600.jpg

 

 


 

 

 

kiiro600.jpg

 

去年描いた「こんにちは またあした」(工藤直子ぶん ちいさなかがくのとも 福音館書店)

のシチュエーションが気に入って、子どもが小さくなって、生き物たちと遊ぶシリーズを描いた。

この表現、小さな生き物と人間を同時に絵の中に描くのにすごくいい。

 

工藤直子さんの発明だ。

 

「カレンダー原画展」は、

長谷川義史さんとあおきひろえさんがオーナーの「空色画房」で。

http://www.eonet.ne.jp/~mousebbb/sorairo.html

 

12月18日には作家が参加する楽しいイベントがあるみたい。

僕は行けるかなー。行けそうなら飛び入りで参加するかもよ。

 

 

 

 

 


home

Books

event

workshop

blog

profile

Web Analytics