鉛筆カクメイがありまして

投稿者 koshirohata 日時 2020年9月27日

2020.9.27

 

 

 

 

何より大好きな画材「鉛筆」
その鉛筆に革命が。

 

それが2ミリ芯シャーペン。

 

1全部ins.jpg

 


もちろんずっと昔からある。けれど決定的な弱点があった。

それはシャープナー問題だ。


ステッドラー の2ミリ芯用シャープナーはきれいに削れるが、

大きすぎてとても携帯なんかできない。
しかもポキッと折れる失敗が頻発。イラチの僕にはとても使えない。
それと、芯は三菱製が圧倒的に滑らかで柔くていいのに「4B」までしかない!


さて、そこで去年、画期的な三菱のシャープナーを発見!!
これが鉛筆革命をもたらしているのだ。


とにかく、ものすごく小さくて、

すごくきれいにピンピンに削れて、

失敗もほとんど無い!

こんなのが欲しかった。涙

 

3シャープナー.jpg

 

4シャープナーくるくる.jpg

 

5削りぴんぴん.jpg


さらに!北星鉛筆から「6B」の芯が出た。使ってみるといい。とってもいい。

 

6、6B芯.jpg

 

三菱ユニのホルダーはノックでカチカチするタイプではなくて

一回押すと、芯がスーッと落ちてくる。

そのため芯のお尻にストッパーがついている。

ノック式のシャーペンに使う時は、これを外さないと最後難儀なことになる。

5ユニの芯ストッパー.jpg

 

 

 

てことで、
僕は、ほとんど木軸の鉛筆は買わなくなった。買うのは三菱Hi-UNIの「10B」ぐらい。(これは別物ですね、すばらしいよ)
ということで、2ミリ芯ホルダー、シャーペンを次々買うことに。

 

 

2全部カタログ.jpg

 

 


全部で15本にもなったしまったが、
削る手間をはぶいてドンドン描きたいのでこれぐらいあっても丁度いい。芯の固さも三種類つかうので。
鉛筆好きの絵描きの方、試してみては。

 

ステッドラー は純正の芯じゃないと折れやすい。

でも、芯の種類を表示できるので便利。

HBに使用。

 

定番の三菱は、グリップ感が一番!

 

pencoはデザインがかわいい。たくさん買ってしまった。

 

大人の鉛筆はシンプルな木軸。

 

Seriaのは、なんと100円!とはいえさすがにプラスチック製。

チープ感はいなめないが、すごく軽い!携帯にはいい。

 

 

これは、いろんな鉛筆↓

7書き書き.jpg

 

太い鉛筆は、広い面もあっという間に塗れてとっても便利。

LYRAの6Bは色も濃くてお気に入り。

 

Grafcubeは、色が薄めだけど寝かすと夜のシーンのラフなど広い面積に。

 

一番下

最近仲間入りしたKOH-I-NOOR(コヒノール)の5ミリ芯とホルダー。
これもお気に入り、芯が黒い、ホルダーが重くて力を入れずに描ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ツギハギカゴ

投稿者 koshirohata 日時 2020年9月20日

2020.9.20

 

 

 

長年クロゼットで使っていたカゴの傷みかたが限界に。

 

B002a.jpg

 

クロゼットには
代わりのものを買ったので


「もう捨てようか」と言うと、


嫁さん「ちょっと待って、これ、布貼ったら使えるんちゃう?」と言うやいなや、

すぐさま布とアイロンをもってきた。

「何で貼る?」

「木工用ボンドかな」

 

僕はボンドとハケをもってきて容器にだして少しの水で溶く。

 

B001.jpg

 

 

 

 

B003.jpg

 

 

 

スカートだった布をアイロンで伸ばし

測って二枚の帯状にたつ。

 

 

B004a.jpg

 

 

布とカゴにボンドを塗って貼っていく

 

 

B005.jpg

 

 

底にも丸く布を貼ると、

しっかりして安定感が出てきた

 

 

B006a.jpg

 

 

口のところにもほころびがあるので

パッチのように布を貼る

 

さて、30分ほどで修復完成

ツギハギカゴの出来上がり。

 

B007a.jpg

 

今日からは、息子の部屋で再出発

さて、いったいこのカゴいつまで使うことになるんだろうか?

まだまだ働いてもらうことになりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


「なつのいちにち」イタリア版が届いた

投稿者 koshirohata 日時 2020年9月10日

2020.9.10

 

 

 

 

 

001B.jpg

 

絵本「なつのいちにち」がイタリアで出版されて

昨日、本が届く。

 

インスタやFBで、最近イタリア人らしい人からフォローされたり、

コメントがあったりするので

なんでだろう?と思っていたら

先日、「イタリアから本が届いたので送るね」と

編集者から電話があって

そうだ、そうだった!

決まったのがかなり前だったのですっかり忘れていた。

 

 

002B.jpg

(書き文字のタイトル文字が、いいなぁ)

 

 

韓国の方や、香港、台湾の方からのフォローや友達申請は

時々あって、

「おお、見てくれてるんだなぁ」と

とても嬉しく思っていたけど

今回はヨーロッパの方も増えて、またうれしい。

 

 

003B.jpg

 

 

しかし、クワガタをとる話って、イタリア人にもわかるのかなぁって

心配していたけど、ちゃんと喜んでもらえてるみたい。

 

 

004B.jpg

 

 

セミの声って「Frii」だったり

「はあ、はあ、はあ」が「che fatica」だったりして

オノマトペが日本とちがっておもしろい。

 

 

005B.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「めいたんていサムくん」が出来た

投稿者 koshirohata 日時 2020年9月4日

2020.9.4

 

 

 

読み物『めいたんていサムくん』ができた。
児童文学の巨匠、那須正幹さんのミステリー。

 

表1の500.jpg


一見すると、

寝ぐせにメガネ、なんだかぼんやりしている男の子。

ところがそんなサムくん、

学校や公園で起こる事件の謎をズバッと解明していまう名探偵なのだ。

01.jpg

 

 

那須さんの文章はいつも完結でうつくしい。
子どもたちは、等身大で話し、等身大で行動する。
読んでいて、

「そうそう!子どもってこうなんだよな」ってうれしくなる。

それでいて、ワクワクする展開にページをくる手が止まらない。

 

02.jpg

 

今回も、生き生きとつむがれた子どもたちが、日々起きる謎に挑戦。

低学年の主人公だけど4年生ぐらいまで楽しめる内容になっている。

 

03.jpg

 

 

05.jpg

 

挿絵は、オール2色刷りで

ほぼ全見開きに挿絵を入れたので、絵本のように楽しめると思う。
初めての文章ものを読む子どもにも、物語の世界に入りやすいはず。

 

04.jpg

 

 

 

 見返し500.jpg

 

 

 09H500.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


インスタグラムはじめてみました

投稿者 koshirohata 日時 2020年8月21日

2020.8.21

 

 

 

インスタグラムをはじめてみた。

 

登録したのはだいぶ前

でも

スマホないと使えないようなのでほったらかしだった

(いまだガラケーなのでR)

 

ところが、息子に聞くと

PCとiPadを両方使えば

一眼レフで撮った写真やPhotoshopで加工した画像も

また、複数枚のアップも出来るんだとか。

そんで、いっちょやってみた。

 

PCとiPadを行き来するのでチョットめんどう

でも、いい点もたくさんある

 

やってみて分かったことは

Facebookとは利用者のゾーンが違うこと

利用者が知り合いで繋がってないこと

そのために
いろんな人が見てて、

Facebookとは違う層の人と繋がることができるのだ。

 

Facebookでは顔見知りで挨拶したり、軽く会話したり

楽しいツールだけど

インスタグラムは「#」で繋がるという

また別の面白さがある。

画像メインっていうのも特徴。

 

ということでFBと並行してインスタグラムもはじめたのである。

 

さっきアップしたのは

ラフスケッチのメイキング動画↓クリックでリンクします

 

PNGイメージ2.png

 

仕事場の机にカメラを付けられるようにしてみたので
これから、ときどき撮影してみよっかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2020.8.9

 

 

 

絵本の表紙とタイトルはいつも

なかなか決まらず二転三転することが普通である。

 

とくに自作絵本の場合はなぜか

表紙を考えるのが苦手なのだ。

本のデザインの仕事や、文章が別の人の場合は割とすぐに思いつくのだが

自作ものとなると悩む

自作のときは客観的に見られないのだろうと、

わかっちゃいるけど

これがなかなか難しいのである。

 

今回の作絵の最新刊『こんにちは!わたしのえ』も同様
編集者と二人、

「うーん、うーーーん」と唸りながら難航を極めた。

 

 

 

さて、これが初期の表紙絵とタイトルのラフスケッチ↓

 

01のコピー.jpg

 

 

 

 

その後、本文の構成がほぼ固まったので
表紙を先に原稿に

その時、タイトルも変更したのがこれ↓

 

こんにちは!過去表紙1のコピー.jpg

 

幻の表紙デザインとなりました。笑

まぁ、こういうことはよくあることなのです。

 

今回の問題点

まず、動きがあっていいのだけど人物が背中向き

次に、一番ダイナミックな部分の絵が表4側にまわってしまっている。

あと、タイトルの「おえかき」という言葉がどうしても
従来の学習的な印象を与えてしまう

ということで編集者と相談し、再考することに

 

ついに決まったのがこれ↓

 

表1のコピー.jpg

 

 

粘った甲斐があっていい感じに出来た。

 

絵本はいつも、試行錯誤の連続で粘って粘って作っていくのだけど、

そうすることでどんどん良くなっていく
これが絵本作りの面白さ、楽しさ、醍醐味なのだと思う

大変だなと感じるかのしれないけれど

なんといってもこれが楽しくてやってるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ネズラ現る!

投稿者 koshirohata 日時 2020年8月8日

2020.8.8

 

 

その1hp.jpg

 

 

その2hp.jpg

 

 

その3hp.jpg

 

 

その4hp.jpg

 

 

 

 

 

 


『こんにちは!わたしのえ』

投稿者 koshirohata 日時 2020年7月24日

2020.7.24

 

 

 

 

10年ほど前から「絵本にしたい」と思っていたテーマの作品が念願叶って出来上がった!
それがこの新刊絵本『こんにちは!わたしのえ』だ。

 

表1の500.jpg


この絵本は、
音痴な僕が、お風呂で歌を楽しく歌うように
「絵を描くのって、たのしい!きもちいい!」そんな感覚を絵本にしたつもり。
とにかく誰にも見せるつもりもない絵を
めいっぱい楽しむ。
心が気持ちいいって感じるままに描く。
そして描き終わったとき
「あー、きもちよかった!」って言葉が出る
そんな時間を味わってほしい絵本。

20.jpg

 

 

17.jpg

 

 

 

はじめ、こういうことを考えてた。
鼻歌を歌うように絵を描くことを楽しめる人はとても少ない。
これは勿体無いじゃないか。こーんなに楽しいことなのに。
ならば、
せめて子ども達に「絵を描くって気持ちいい。それだけでいいんだぜ」っていう大人がいることを知っておいてほしいなと考えたのだ。

 

 

16.jpg

 

「絵を描くこと」は、とっても原始的で感覚的なことで、

しかもまったく個人的なこと。

誰だって線を引いたり、色を塗ることは面白い。

少なくとも幼い頃はそうだったはずなのだ。


ところが、5、6歳の頃から

「絵を描くのは三次元の形を忠実に二次元に落とし込むこと」で、

それを上手にできないことは「ヘタクソな絵」と言われて、

なんと非難の対象になってしまう。


どんな絵を描こうが誰にも迷惑なんてかけてないのに。
これは「きみの顔は醜いね」と言っているのとほとんど変わらないんじゃない?
なんで他人に自分の顔や楽しく描いている絵を避難されなきゃいけないのか。
ところが世の中は顔を批判するのはいけないことだけど、

他人の絵をけなすことにはとっても寛容なのだ。

 

 

14.jpg

 

 

そうやって人は、5、6歳になるとそんな世の中のルールを学習し始める。
そうすると、歳を追うごとに頭の中は、

常識となってしまった「絵の評価基準」から逃れることができくなって「ヘタクソは恥ずかしいこと」、「迷惑なこと」と思い込んでいってしまう。


小学校の高学年ともなると、

図工の時間は、一部の子どもだけが楽しく率先して絵を描き、

その他大勢の子は恥をかかないようにということだけを考えて

絵に向かう苦痛の時間となっていく。


もちろん、それを分かっている先生もいることだと思う。


しかし、一部の先生や、遠い存在の芸術家だけでは
残念ながら、この常識を変えることは難しい。
だからせめて、さっきも書いたように
「絵を描くって気持ちいい。それだけでいいんだぜ」っていう大人たちがいることを

小さいうちに絵本を通して知っておいてほしいと思うのだ。

 

 

12.jpg

 


さて、
実はもともと
僕は絵本ではなくて、ワークショップを通して、こういう考えを伝えてきた。

 

IMG_8671.jpg

 


はじめてワークショップの依頼をされたときから
絵本では出来ない、もっと解放された創作の時間を体験させたいと思ってやってきた。なぜなら絵本ですら「絵はこの絵本みたいに上手に描かないとダメですよ」という概念を与えかねないものだからだ。
だから、自分が毎日やってることとは逆の「絵のたのしさ」を伝えようと、そう考えたのだ。

 

 

 

IMG_8662.jpg

 


始まりの導入で、
子ども達の頭の中の既成概念を出来るだけ解放してあげる。
その上で
自由で楽しい「絵」や「創作」の時間を体験してもらう
大きな紙や豊富な材料、
その中なら、すべてがオールオッケイな時間。
出来上がったものを評価するんじゃなくて、
描く、作る、すべてが自分の手から生まれてくる面白さを体験することが大事なんだと思える、

そういうワークショップをめざして。

 

IMG_5403.jpg

 

 

IMG_5611.jpg

 

 

 

IMG_0110.jpg

 

 

 

 

IMG_0148.jpg

 

 


この絵本の終わり方は、

こういう気持ちが込められている。

 

結果を求めない、
まずはライブ。


一瞬一瞬の輝きを感じることが宝物になるのだ。
音楽のように、命に終わりがあるように。


 

IMG_0136.jpg

 

 

 

 

IMG_0104.jpg

 

 

 

 

IMG_8855.jpg

 

 

 

IMG_8848.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新しいスターバックス

投稿者 koshirohata 日時 2020年7月5日

2020.7.5

 

 

 

国立駅の商業施設が新装開店した。
下校中の息子から電話がかかってきて
「新しいスタバができたで。
でもロゴがなんか違うねん!」
「えーと、どうちゃうん?」
「なんかな、手のマークが並んでんねん」

 

スタバ1f.jpg


なんだろうと思ってネット検索
なんとこのスターバックスは「サイニングストア」といって
聴覚障害のある従業員を中心に、主な会話を手話で行うそうだ
へえー!

 

スタバ2f.jpg

 


遺伝子組み替え企業「モンサント」を支援するスターバックスだが
この取り組みは良いことだなぁ

 

スタバ3f.jpg

 


この周辺には国立駅を最寄とする都立立川ろう学校があって
駅や、僕の仕事場の近くでは
聴覚障害のある子どもたちが
手話で会話するところをよく見かける

そういう環境もあって国立駅が選ばれたのだろう

もし、すべてのスタバが、
「何か障害のある従業員」を中心にした店舗になったら
なんて素敵なことだろう
と、想像してみた

 

ちなみに、

この店は、障害のない客も普通に使えるように

筆談や指差しで注文出来るメニュー表があるそう

 

 

 

 

 

 

 

 


映像研究部を作ろうとしてるらしい

投稿者 koshirohata 日時 2020年7月1日

2020.7.1

 

 

 

 

全員登校、6時間授業になった高1の息子

 

高校の学校生活がやっと始まって
友人と映像研究部を立ち上げようと

学校に働きかけているらしい


ハードルはかなり高いようだけど

とりあえず作品作りをはじめて楽しそう

 

 

スクリーンショット 2020-07-01 6.53.50.png

 

 

撮影も数人のメンバーでやって

作曲もメンバーの友人が担当だそう

 

スクリーンショット 2020-07-01 1.31.30.png

 

 

新型コロナの影響で、

どんな高校生活になるのだろうと心配していたが

彼らはたくましく歩んでいる

 

↓出来上がった作品はこちらを↓クリック

スクリーンショット 2020-07-01 6.52.56.png

 

 

 

 

 


自転車で多摩川へ

投稿者 koshirohata 日時 2020年6月28日

2020.6.28

 

 

 

日曜日、

自転車の前後両輪の

タイヤとチューブを交換した。

 

IMG_6563.jpg

 

 

ついでに少し磨いてあげたら

きれいになったので、にわかに乗りたくなった。

 

IMG_6565.jpg

 

 

 

IMG_6569.jpeg

嫁さんに

「ちょっと、自転車乗ってくる」って言うと

「そしたら、買い物してきて」と言うので東に行く予定を変更して西へ。

 

IMG_6572.jpg

 

10分ほど住宅街を走って多摩川まで

堤防に上がると、一気に視界が広がって気持ちがいい

 

P6280454.jpg

 

立日橋

上を通るのは多摩モノレール

 

モノレールを越えると

JRの中央線が見えてくる

 

P6280460.jpg

 

橋脚はかなり古そうだ

とても雰囲気があって面白い

 

P6280464.jpg

 

 

中央線を越えると河川敷はさらに広がり

あちこちにニセアカシア(ハリエンジュ)の林が点在する

 

P6280479.jpg

 

 

中に入ると鬱蒼とした森

サワグルミも混ざっている

時間があれば

クルミハムシとカメノコテントウを見ていくんだけど

今日はお使いがあるので残念

 

P6280484.jpg

 

 

ぐるっと回って立川のイケアで頼まれた買い物を。

しかし、中は驚くほど人混みで「ひくわー」

 

P6280493.jpg

 

しかも!!

駐輪場で、自転車をよく見ると

泥だらけ…

ぎゃー!

せっかく磨いたのに せっかく磨いたのに せっかく磨いたのに

 

P6280494.jpg

 

でも、ついでにイケアで買ったサーモンが

パスタと一緒に夕食に出てきて、おいしくいただいた。

せめてもの救いである。

 

IMG_6594.jpg

 

 

IMG_6592.jpg

 

 

IMG_6598.jpg

 

 

IMG_6600.jpg

 

赤ワインと一緒に

今日は早く寝よう

 

 

 

 

 

 


国立うちわ展2020

投稿者 koshirohata 日時 2020年6月5日

2020.6.5

 

 

 

 

 

今年も

『国立うちわ市』という

うちわに絵を描いて展示する展覧会に参加します。

 

w1sB.jpg

 

 

6月18日(木)~6月30日(金)

ギャラリービブリオ  

東京都国立市中1-10-38

 

ただし、感染防止のため

18,19日は、完全予約制だそうです。

 

詳しくは→こちら「ギャラリービブリオ店番日記」

 

 

mRunB.jpg

 

 

 

m2B.jpg

 

 

 

w2B.jpg

 

 

 

w3B.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


home

Books

event

workshop

blog

profile

Web Analytics