yukinokaerimiti_h250.jpg

雪のかえりみち
(ゆいとけいのシリーズ)

藤原 一枝 作/はた こうしろう 絵/岩崎書店

 

冬のある日、東京ではめずらしく大雪となりました。学校が途中で休校となって帰途につく男の子。少年は一人心細く慣れない雪の街をバスを乗り継いで家に向かいます。登校時はお兄ちゃんと一緒だけど今は一人きり。手がかじかんでかなしくなったり、見知らぬ大人の人にやさしくしてもらえたり。少年の1日の成長を絵本を通して立ち会うような物語です。

 

これは僕にとって2冊目の絵本の仕事でした。自分らしい人物の描き方に迷っていた時期で、デフォルメの仕方も鉛筆に透明水彩という技法もこの作品で確立しました。吉祥寺に仕事場があって、ここに描いた商店街は吉祥寺サンロード入り口。とても懐かしです。そして何年もたって「あなたがおとなになったとき」という作品で商店街の入り口を描いたのもモデルは吉祥寺サンロード。くらもちふさこさんが漫画で描いたのもこのサンロードの入り口でした。雪合戦のシーンは国立の大学通をモデルにしました。

 

 

 

ゆき5.jpg

 

 

 

ゆき1.jpg

 

 

 

ゆき2.jpg

 

 

 

ゆき3.jpg

 

 

 

ゆき4.jpg

 

 

 

ゆき6.jpg

 

 

 

 

Web Analytics