7月 絵本『こんにちは!わたしのえ』刊行


    

 

 

 

 

 

 

絵本『いたずらのすきなけんちくか』 安藤忠雄氏 原作

この本の図書館が、7月5日にいよいよ開館することになりました!


    

 

 

 

 

 

 

5月 絵本『わたしたちのカメムシずかん』刊行


    

 

 

 

 

 

 

4月 『なのだのノダちゃん おねがい流れ星』刊行


    

 

 

 

 

 

 

3月16日 絵本「どんなふうにみえるの?」刊行


 

 

 

 

 

 

 

    

7月 絵本『あなたが おとなに なったとき』刊行


    

 

 

 

 

 

 

11月 絵本 『 ゆ き 』が発売


    

 

 

 

 

 

 

9月 日本昔ばなし『いっすんぼうし』刊行


    

 

 

 

 

 

 

6月 新刊絵本『どしゃぶり』が発売!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月 えほん遠野物語『でんでらの』が発売


    

 

 

 

 

 

 

4月 絵本『にちようびの ぼうけん!』がリリース!


    

 

 

 

 

 

 

8月 えほん図鑑 『へんてこ みずの ぜつめつどうぶつ』リリース!


    

 

 

 

 

 

 

2月下旬 えほん図鑑 『へんてこ りくの ぜつめつどうぶつ』リリース!


    

 

 

 

 

 

 

指揮者、佐渡 裕さん原作『はじめてのオーケストラ』リリース


    この絵本の特設サイトができました。↓佐渡裕さんのインタビュー動画もあります。

           http://www.shogakukan.co.jp/pr/sado/

 

 

 

 

 

 

「こちょこちょさん」がリリース。

おーなり由子・はたこうしろうのあかちゃんえほんシリーズ第3弾

 

 

 

 

news2.jpg

●7月 絵本『こんにちは!わたしのえ』が刊行されました


 

表1の250.jpg2020年7月、新刊絵本『こんにちは!わたしのえ』ができました。

 

「絵を描くのって、たのしい!きもちいい!」そんな感覚を絵本にしました。とにかく誰にも見せるつもりもない絵を
めいっぱい楽しんで、心が気持ちいいって感じるままに描く。そして描き終わったとき「あー、きもちよかった!」って言葉が出るそんな時間を味わってほしい絵本です。

 

 

 

 

 絵本紹介はこちら→クリック

この絵本のブログはこちら→クリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●5月 『わたしたちのカメムシずかん』が刊行されました


 

cover250.jpg 岩手県葛巻町の素晴らしい自然を舞台に、子どもたちと一緒にカメムシについて知ることができる絵本です。

 

 この小学校では、秋を春にたくさん現れるカメムシは、みんなの嫌われ者。ところがある日、校長先生は「このカメムシ、なんて名前なんだろう?」と図鑑を開いてみることに。そして調べたことをカメムシの写真と一緒に廊下に貼ってみた。

 そうしたらある男の子が「先生、このカメムシはなんて名前ですか?」と新たなカメムシを持って校長室にやってきた。
 そこから、次第にカメムシは嫌われ者から、興味の対象に。さらには学校の宝物に発展していくという感動のお話。実話をそのまま絵本にしました。

 

→こちらでもう少し、絵をみることができます。

 

 

 

 

 

 

●4月 「なのだのノダちゃん おねがい流れ星』が刊行されました


 

FbH1_Y250.jpg

ノダちゃんとさきちゃんのシリーズ4冊目が出来ました。今回も如月さんのペンは冴え渡り、さきちゃんたちはとうとう地球を飛び出してしまいます。
新キャラも登場して、目が離せなくなる奇想天外の楽しい物語です。

 

こちらで少し挿絵が見られます→CLICK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● 3月16日 絵本「どんなふうにみえるの?」がすずき出版より刊行


 

H250X.jpgある時、うつ伏せで寝転んでいた男の子が
「もしかして…宇宙から見たら、
ボクて今、地球をだっこしてるんだ」

っていうことに気がついた。
そして、男の子の想像は膨らんでいきます。

 

「視点が変わると世界の見え方が変わる」ことの驚きを子どもたちに! 文は、林 木林さん

 

こちらで中が少し見られます→CLICK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●国立市の民営化する保育園の理事になりました。


 

CHOU2300.jpg【くにたちこどもの夢・未来事業団】という社会福祉法人の理事の一人として、動くことになりました。
主な活動は、民営化して新たに建設される「矢川保育園」の運営をします。

 

 

 

 

 

 

理事長に汐見稔幸氏、

また特別支援教育の専門家の星山麻木氏も理事におられて、

これからステキな保育園を作ろうと作戦をねっているところです。

 

 手始めに、ロゴマークを4点作りました。

ブログでどうぞ→Blog

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●3月 「へんてこ!ぜつめつどうぶつ図鑑」の塗り絵がDLできます


 

riku.png

 

長い休校期間、
少しでも楽しい時間を過ごしてほしいと、
アリス館さんが『へんてこ!ぜつめつどうぶつ図鑑」シリーズの塗り絵を
ダウンロードできるようにしてくれました。

 

mizu.png

 

↓ここの絵本紹介ページ下から

http://www.alicekan.com/books/post_94.html
http://www.alicekan.com/books/post_114.html

 

中段やや下の

「みずのぜつめつどうぶつ ぬりえPDF
こちらよりダウンロード・プリントアウトができます。」の

↑「こちら」をクリック

 

または、↓直接ここからダウンロードして下さい。(A4サイズ)

「りくのぜつめつどうぶつ」
「みずのぜつめつどうぶつ」

 

 

 

 

 

 

 

 

2月 『いたずらのすきなけんちくか』 安藤忠雄氏 原作


    

 hyo1_250.jpg世界的な建築家、安藤忠雄氏との共作です。

他に類を見ない安藤建築の魅力を

また、

モノを作ることへの姿勢や面白さ奥深さを

ぜひ知ってほしいと思って

安藤氏と何度も話し合って作りました。

子どもたちにも、緻密でありながら大胆でパワフルな安藤建築を感じる絵本になったと思います。

 

←画像をクリックすると少し中身が見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おうえんカレンダー2020」が出来ました!

  そして、12月22日「おうえんフェス2020」in高槻!


 

calen300.jpg「おうえんカレンダー2020」出来。

3.11福島原発事故による影響から
子どもたちを守ろうという趣旨で
12人の絵本作家がイラストを描きました。 

 みなさんの応援をお願いします。

 

詳しくはこちら

12ehoncalendar.com

 

 

12gatu300.jpg「絵本作家による おうえんフェス2020」!
今年の応援カレンダーのイベントは、なんと、高槻現代劇場大ホールを貸し切るという、とんでもない暴挙に出ました。
1400人収容、まじ大丈夫?
正直、心配でなりません。みんな来てね。

 

あべ弘士さん、長谷川義史さんというスター作家の夢の共演です。
そして、不肖はたこうしろうも先鋒で舞台に。
僕は7、8枚の絵本をライブで描きます。
みなさん、誘い合わせて来てください。お待ちしております。

 詳しくは→おうえんフェス2020

 

 「おうえんカレンダー原画展」も各地で

10月10日〜31日 クレヨンハウス 東京

11月14日〜30日 空色画房 大阪

12月3日 〜 8日    堺町画廊 京都

カレンダーの販売もここでしています。

 

詳しくは→おうえんカレンダー2020原画展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月 絵本『あなたが おとなに なったとき』が発売されました。


 

h1_250.jpg

『あなたが おとなに なったとき』

湯本香樹実 文 はたこうしろう 絵  講談社刊

 

東日本大震災の直後、湯本香樹実さんが子どもたちに向けて綴った言葉を「絵本にしましょう」とうことで始まったプロジェクト。

すべての世代に向けた、未来について考える絵本!

 

詳しくは絵本ページへ→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● 6月15日 茨城県水戸市で講演をします。


 

mito250.jpg

 水戸で講演会をします。定員300名ですが、若干まだ空きがあるそうなのでアップしました。

お近くの方で興味ある方はどうぞ。

 

場所:茨城県総合福祉会館 

   1階コミュニティホール
時間:6月15日 

   午後1時〜2時30分

 

絵本の販売とサイン会があります。

 

詳細は子育て応援・ペンギンクラブ

 

   チラシはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● 7月6日 山縣県東置賜群川西町でワークショップをします。


 

kawanishi.jpg

 山形県東置賜郡川西町でワークショップをします。
お父さんもお母さんもおじいちゃんもおばあちゃんも全員参加の帽子作りのワークショップです。

お近くの方ぜひどうぞ。
楽しい時間にしたいと思います。

 

場所:川西町フレンドリープラザ

   フレンドリープラザロビー
時間:7月6日 

   午後1時30分時〜3時

参加費:500円

    ハサミを持参してください。

 

詳しくはこちらで→

 

絵本を持ってこられた方はサインをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●5月13日〜25日 『国立うちわ展』が始まります。


 

3UchiwaB350.jpg今年も国立市のギャラリービブリオで『国立うちわ展』に参加します。

ぼくは5点。
他に、降矢ななさん、村上康成さんも参加されてます。

 

↓詳しくは、ギャラリーのHPで

「ギャラリービブリオ」

 

僕のブログでも書きました。
4点うちわが見られます。→ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●4月19日〜5月12日 遠野市で遠野物語「でんでらの」の原画展です。


 tono300.jpeg

岩手県遠野市で汐文社の京極夏彦さんの「えほん遠野物語」第二期の原画展があります。

「でんでらの」はたこうしろう

「おいぬさま」中野真典

「おしらさま」伊野孝行

「ごんげさま」軽部武宏

絵本原画が展示されています。

 

→チラシを大きく見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所:遠野市立博物館 企画展示室

   岩手県遠野市東舘町3−9 電話:0198-62-2346
時間:4月19日〜5月12日 9時〜17時

休館日:無休
一般 300円 高校生以下 150円 (20名以上から団体料金)

 

詳細は→遠野市立博物館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●3月13日〜31日 滝川市で絵本の原画を5点、展示します。


 

takigawa300.jpeg

 北海道の滝川市で絵本原画5展が展示されています。

 

「なつのいちにち」から2点

「はじめてのオーケストラ」から2点

「ぼくはうちゅうじん」から1点

 

 

場所:滝川市美術自然史館

   北海道滝川市新町2丁目5
時間:3月13日〜31日

 

詳細は→滝川市立図書館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●11月 童謡のうたの絵本『 ゆ き 』が発売されました。


 

hyou1_250.jpg

 

 

 

あの童謡の『ゆき』の歌詞をそのままに、そこから思い浮かんでくる物語を絵にして一冊のやさしい絵本を作りました。

 

 

 

 

 

 

発売にともなって 京都の絵本専門店で原画の展示をします。

期間:12月7日(金) ~12月18日(火)

   定休日  水・木曜日
場所:絵本のこたち 

   京都市伏見区横大路三栖辻堂76

   電話 075-202-2698

12月16日(日曜)の午後には僕もお店に行きます。

 

● 9月 いっすんぼうし (日本昔ばなし絵本)が出版されました。


h1250.jpg

 

あすなろ書房の新しい日本昔ばなし絵本シリーズで『いっすんぼうし』を描きました。

 

今回は文章も僕が担当。

体の小さな一寸法師は、村の子ども達と馴染めずいじめられているということから、

僕なりに、一寸法師がカエルや虫など、小さな生き物たちと遊ぶシーンを入れました。

そのことで少し他の本とは違う面白さが表現できたと思います。

 

 →こちらで少し中の絵が見られます

 

こちらからも購入できます

amazon

 絵本ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●エッセイ集、文庫版『きれいな色とことば』の装丁をしました。


 

00H2_300.jpg

おーなり由子(嫁さん)の

エッセイ集『きれいな色とことば』の

二度目の文庫化です。

 

今回は、オールカラー!

ほとんどの絵を描き下ろして
カラフルできれいに生まれ変わりました。

 

僕はデザインを担当しています。

 

講談社文庫

 

購入はこちらでも→amazon

 

 

 

●クレヨンハウスで『どしゃぶり』の原画の展示をします


 

10_S.jpg

期間:6月21日(木) ~7月17日(火)
場所:東京店1F子どもの本売り場

 

ギャラリースペースの都合で全点展示では無いですが

出来るだけたくさん展示します。

クレヨンハウスにお越しの際は

どうぞご覧になってください。

<お問い合わせ>
クレヨンハウス東京店1F子どもの本売り場
TEL:03-3406-6492(11時~19時)
土日祝日は10時半開店です

 

 

 

 

 

 

 

●「どしゃぶり」を紀伊国屋書店さんが紹介ムービーに


 

8_S300.jpeg絵本『どしゃぶり』を紀伊国屋書店さんがムービーにして紹介してくれています。


場所は

新宿本店入口の大型モニター(KINOビジョン)や、各支店の児童書のコーナーのモニターでも流されてるようです。


期間は今日15日から6月30日


 なかなか無い機会なので僕も、行って見てみようと思います。
 データで見せてもらいましたが、雨がアニメで降っていたりして、

 臨場感のあるように作ってくれました。

 

 

 

 

 

 

●6月、絵本『どしゃぶり』が発売されました。


 

cover250.jpg

 

スコールのような

夏のどしゃぶりの中で、あそぶ男の子。

 

大きな雨つぶが体に当たる感覚

激しい雨の音

舞い上がるしぶき

 

雨を体感するような絵本を作ってみよう!と、描きました。

 

 

 

  文は、おーなり由子。

  ページをめくるたび、いろんな雨の音が聞こえてきます。

  楽しい雨の季節がやって来ました。雨とあそぼう!

 

  →こちらで、画像が少し見られます

 

 

 

 

 

 

 

●6月、今年も「国立うちわ展」に参加します。


 

dangoAT300.jpg国立にゆかりのある作家でうちわに絵を描く展覧会です。

 

「国立うちわ市ギャラリービブリオ~手描きのうちわの展示会~」
平成30年6月14日(木)~26日(火)
11時~19時 水曜(20日)定休
入場無料
国立駅前・ギャラリービブリオ

 

詳しくは↓

●イベントページ

●ブログページ

●FaceBook:国立うちわ市

 

 

 

 

 

「ドングリコロ助」毎日新聞で月一連載が、始まりました。


 

CutHp.jpg

 

毎日新聞の朝刊で月一の連載が始まった。
タイトルは
「どんぐりコロ助のいきものさがし」

 

身近にいる生き物の中から

僕の目で
「うーん、なーんか面白いやっちゃなー」

と思った生き物を
毎月季節に合わせて紹介していきます。

 

毎月第四水曜日の朝刊です。

 

毎日新聞の読者の方どーぞ。  

ブログで詳しく載せました→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●絵本『にちようびの ぼうけん!』が発売されました。


 

cover250.jpgはたこうしろう 作  ほるぷ出版刊

 

おなじみの お兄ちゃんと弟のシリーズ第5弾です。

今回は、謎の手紙の指令のままに二人が動いて見たら、

なんと毎日見慣れた近所の風景が、全く新鮮に見えてきた!

ちょっとした想像力で、街が冒険フィールドに生まれ変わる体験をしてください。

 

 

→詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

home

Books

event

workshop

blog

profile

Web Analytics