まんねんカレー

投稿者 koshirohata 日時 2014年12月5日

2014.12.4

 

大阪の茨木市の小学校に講演に行ってました。
その後、オープンしたばっかりの義弟の店「まんねんカレー」に行って、待望のとんこつカレーを食べてきました。
僕が作ったロゴマークもいい感じに使ってくれてて、かわいい店になってました。関西ではテレビでも紹介されたそうです。


味は欧風カレーにクミンの香りをきかしたくせになる味。
とろ肉をのせた「まんねんカレー」は肉と豚骨が合っておいしかった。おもわずカレーつけ麺も味見したくなって、特別に半分の量で作ってもらいました。全粒粉の麺がおいしい。カレーにも合ってました。
場所は谷町四丁目が最寄り駅。
http://www.mannenikimannen.com/menu.php?p=691


おもて500.jpg


カレー500.jpg


さら500.jpg


つけ麺500.jpg


メニュー500.jpg


メニューよる500.jpg


ピクルス500.jpg


かべ500.jpg






エアロビープロ奇跡の生還!

投稿者 koshirohata 日時 2014年12月1日

2014.12.01

 

 

「エアロビープロ」が奇跡の生還をはたしました!
2ヶ月間ものあいだ、大学の桜の枝にぶらさがっていたあの子がかえってきました。

葉が茂って見えにくい上に結構高い場所にひっかかり。
落とそうとサッカーボールを何十回も投げたが落ちない。肩が痛てー。
あげくにボールまでが枝に乗って落ちてこなくなってしまうという最悪のアクシデント。

ときどき行って見あげては、もう戻ることは無いかも…とあきらめていたエアロビープロ。

 

aki001.jpg

 

そして昨日、最後のトライと、高枝切りバサミをもって行ってみました。
が…やっぱり届かない。もうだめか。

 

aki002.jpg


いやまてよ!葉が落ちて見通しがよくなっているではないか。

もう一度サッカーボールを投げてみよう(二個目のボール、家から持ってきた)

運命の12投目。

 

お、おちたー!

 

aki005.jpg

 

2ヶ月ぶりに生還。はやぶさもエアロビーもあきらめちゃいかんね。

 

aki004.jpg

 

aki006.jpg

 

aki003.jpg

 

 

 

 

 


みんなのうた

投稿者 koshirohata 日時 2014年11月29日

2014.11.29

 

01hp.jpg

 

12月1日から2ヶ月間NHK『みんなのうた』で、嫁さん(おーなり由子)が作詞と絵を担当した『ゆきだるまかぞく』が放送されます。
曲と歌は知久寿焼さん。演奏は、クリコーダーカルテットという豪華メンバー。

今日、試写があってようやく完成!ぜひ見てみてください。
さらに、この曲と連動して、1月には「おかあさんといっしょ」で、同じゆきだるまの子どもたちの歌『ゆきだるまのルー』(作詞、絵おーなり由子)が放送されます。1月は2曲とも放送されるのでお楽しみに。

放送日は、2014年12/1から2015年1/31の間の、下記の日時です。

月曜日:総合10:55~11:00、Eテレ16:00~16:05
火曜日:総合4:05~4:10、総合13:55~14:00
水曜日:Eテレ16:00~16:05
木曜日:Eテレ12:55~13:00、総合13:55~14:00
日曜日:総合10:55~11:00

(12/31~1/3は年末年始編成でイレギュラーになります。)

 

 

02hp.jpg

 

 

 


造船技術の継承につとめています。

投稿者 koshirohata 日時 2014年11月27日

2014.11.27

 

ちょっと前なんですが、子どもと船をつくって遊びました。
僕は子どもの頃、船作って川で流したり、風呂で浮かべるのが大好きだったんです。
で、その造船技術を継承すべく子らを集めてときどき造船ごっこをしています。
みんな、面白い船を作ってくれます。

最近は、作るのに夢中になりすぎて、川に行く時間がおそくなって
「進水式や。いそげー!日が暮れるー」

 

 

 

001.jpg

 

002.jpg

 

004.jpg

 

005.jpg

 

006.jpg

 

007.jpg

 

009.jpg

 

008.jpg

 

010.jpg

 

 


倉吉図書館でワークショップ

投稿者 koshirohata 日時 2014年11月25日

2014.10.5

 

また、アップの順序が遅れてしまいましたが、
倉吉幼稚園の後、倉吉図書館に呼んでいただいて講演とワークショプをしました。

「せかいにひとつの絵本」を作ろう!
さすが、倉吉の子はちがう。何度もやってきた僕でさえ驚く面白い作品の連発に、驚喜。
あー、全部もって帰りたかった。

 

ehon4.jpg

 

ehon3.jpg

 

ehon2.jpg

 

ehon1.jpg

 


鳥取県の倉吉幼稚園で今年も全年齢ワークショップ!

投稿者 koshirohata 日時 2014年11月25日

2014.10.1〜3

アップの順序が前後してしまいますが、
10月に今年もやったきました倉吉幼稚園。
0歳から5歳児まで全園児たちとワークショップです。
今年で7年目!自由に絵を描く体験の大切さを理解してくださっている素敵な幼稚園です。うちが近ければ、まちがいなく息子を通わせました!

 

まずは年長さんの「等身大」↓

 

tou1.jpg

 

tou3.jpg

 

tou5.jpg

 

 

これは年中さんの帽子↓

 

bou1.jpg

 

bou22.jpg

 

 

次は0,1,2クラスの共同制作↓

 

tibi1.jpg

 

tibi2.jpg


2014.11.9

北海道滝川市立図書館でワークショップをしました。

 

「等身大の自分」を描くワークショップです。
滝川市のこどもたちは、おしゃべりは控えめですが、絵はすっごく雄弁に自分を語ってくれました。
独創的な作品が多くてうれしかったです。

 

001.jpg

 

002.jpg

 

003.jpg

 

004.jpg

 

005.jpg

 

007.jpg

 

006.jpg

 

008.jpg

 

009.jpg

滝川市の図書館の方に歓迎会をしてもらいましたが、それがもうとっても面白い人がいっぱいいらして!楽しくて楽しくて。夜遅くまでもてなして下さいました。
ほかの絵本作家さんに言っておきます。滝川市立図書館に講演依頼を受けたら、行って下さい。
そして、歓迎会と二次会には必ず参加して下さい!
みんな、キャラが濃くて楽しいです。
北海道は想像以上に雄大で、自由な雰囲気の子どもと大人を育てているのでした!!


あかちゃんが わらうから

投稿者 koshirohata 日時 2014年11月5日

2014.11.6

 

 

おーなり由子(よめさん)の新刊絵本です。

『あかちゃんが わらうから』(ブロンズ新社)

おかあさんのために描いた絵本です。


すべてのおかあさんへ。


とにかく手に取って見てみて下さい。
僕は、ブックデザインで手伝いました。



hyousi.jpg

 

 

02.jpg

 

 

03.jpg

 

 

04.jpg

 

 

05.jpg

 

 

06.jpg

 

 

07.jpg

 

 

08.jpg

 

 

 


裏山の奇人

投稿者 admin 日時 2014年9月17日

2014.09.17

 

おすすめ本を二冊
小さな虫が好きな方には五つ星の本。

「裏山の奇人」小松 貴 著

ツノゼミ好きの友人が、
「最近知り合った面白い人が本を出したから」と、くれた。
蟻の巣に寄生するアリヅカコオロギ属を研究する若き研究者の随筆。
しょっぱなから、夢中になって読んでしまった。


001.JPG

 

虫好き、生き物好きが高じて選んだ、この研究職という究極の生き方を、
笑いに包んでつづっていて興味深く、楽しい。

その生き方は、純粋であり、滑稽であり、切ない。
そして、この世の中は謎と驚きに満ちていることを再確認させてくれる。

簡単な言葉で、書かれた文章は、虫の知識のあまりない者でも楽しめる。

なかなかの文才のある人です。


002.JPG

最初にカラーの口絵が4ページある。写真の技術、センスもそうとう高い。

中にも随所にモノクロ写真が掲示されていて楽しい。

 

 

で、思わず買ったのが「アリの巣の生きもの図鑑」。
こちらも素晴らしい出来だった。
これを見ると、すぐにでもアリの巣を暴きたくなる。


IMG_00082.jpg

 

小松貴氏が専門とするアリヅカコオロギ↓

本物が見たい。

 

004.JPG

 

図鑑で気になったのがこの子↓

なんだこいつぁー!ダンゴムシ以上に、きれいに丸くなるのだそう。

気になるー。九州南部以南なのでチャンスがあれば見てみたい。

 

005.JPG


衝撃のメガネ作り

投稿者 admin 日時 2014年9月13日

2014.9.13

 

国立市の「前川眼鏡院」というお店で、
メガネを二つ作った。
12歳からメガネをつくってるけど、
今回ほど満足のいった出来のメガネはない。

 

01.jpg

普段用の「遠近両用メガネ」と、仕事で使う「中近両用メガネ」
近視の上に老眼になって、仕事で絵を描きにくくてしょうがなかったけど
これで、だいぶ楽になった。

だが、この満足感はそれだけではない。
この前川さんとういう人が、本当のメガネマイスターだったからだ。
その技術は驚きだ。いや、衝撃といったほうがいい。

まず、視力をじっくり測って、見え方をしっかり聞いてくれる。
とにかく納得いくまでレンズを選んでくれる。

そもそも、視力検査自体は今は機械を使えば一発で正確に出るそうだ。
だが、そのまま作れば見えすぎたり、歪んだりで使い物にならないそうだ。
(あるある。その失敗はなんどもある)
で、その数字からその人の感覚にあわせて緩めて行って、どの強さに合わせるのかが、
腕の見せ所なんだそうだ。

しかも、遠近両用なので、レンズの位置の配分も個人の生活や仕事を良く訊いて
それに合わせて配分してくれる。
もちろん、出来はすばらしい。僕にとってベスト。

次にフレームの調整。これが衝撃的だった!
自在にフレームを曲げたり、ヤスリで削ったりして、
僕の頭、鼻、耳の形にピタリ!と合わせてくれるのだ。
微妙な曲げを少しずつ少しずつ。かけると、どの部分も違和感なくそれでいてずれない!

 

02.jpg

僕の場合の特徴は、耳が下めについているとうことだ。
それで、眼鏡が少し上向きになって、頬とレンズの間が開いてしまう。
すると、レンズと目の角度があわない上に、目とレンズが離れる。
そういったことで、視力検査したときの見え方とフレームに入れて完成したときの見え方が違って、
「なんか、しっくりこない!」と思うことがずっと続いていたということだ。
フレーム調整だけで90分ほどかかるが、目の前でやってくれるので、その間、気さくな前川さんとの会話で楽しく過ごせる。

 

こういう技術をもったメガネ屋さんは、大変少なくなったそうで、僕もこういうお店は初めて。
ゴッドハンドでした。

 

グレーのメガネフレームは、別の店で買って持ち込んだものだけど、快くレンズをいれてくれます。


こんにちは またあした

投稿者 admin 日時 2014年9月3日

2014.9.3

 

新刊のところにもアップした「こんにちは またあした」がでました。福音館書店の月間絵本ちいさなかがくのとも10月号です。一ヶ月しか書店に並ばないのでお早めに!

 

tokage500.jpg

 

工藤直子さんと絵本を作ることが出来ました。

自然の中で生き物を夢中で見つめているときに、草や虫との一体となる感じがあるのですが、その感じを絵本にしています。

 

tanpopo500.jpg

 

 去年の秋、工藤さんと一緒に野原と畑に行って取材をしました。その時、本当に少女のように眼を輝かせて植物や昆虫を見ていた工藤さんが忘れられません。

 

さて、下の写真は、小さくなってみた草原の中を見てみたくて、ギョロメ8号という魚眼レンズでうちの庭を撮影したものです。こうやって撮ると小さな草むらもジャングルのようで、わくわくします。

 

kusa1.jpg

 

kusa2.jpg

 

 

 


「思い出のマーニー」のしめっち屋敷!

投稿者 admin 日時 2014年8月11日

2014.8.11

 

ジブリアニメ「思い出のマーニー」に出てくる”しめっち屋敷”?

 

shimecchi.jpg

 

先日、福岡の海に家族で行ったら…そこで「おお似てる!」と思った場所。
これ見ると、アニメを思い出して、もう一回見に行こうかなぁー、って思います。息子ももう一回見に行きたいなぁー、って。公開中に行きたいな。

 

 

 


home

Books

event

workshop

blog

profile

Web Analytics